Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド型サンドボックスの国内運用を開始

ソフォスは、クラウド型サンドボックス「Sophos Sandstorm」の基盤を国内に設置し、同社製品の国内ユーザー向けに運用を開始した。

同機能は同社製品利用者向けに提供するクラウドベースのサンドボックス。従来は、サンドボックスを利用する際に海外のサーバへアクセスする必要があり、データを国外へ送信する必要があったが、国内での利用が可能になった。

「Sophos XG Firewall」「Sophos UTM」においてオプションライセンスを購入することで利用できる。

(Security NEXT - 2018/02/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
マカフィー、サンドボックスやSIEMなど法人向け製品に新版
カスペルスキー、ITインフラ全体の情報から攻撃を検知するソリューション
TED、Trap X Security製デコイソリューションを取り扱い開始
サンドボックスなど利用したメールセキュリティサービス - NTTネオメイト
トレンド、サーバ向け製品に新版 - サンドボックス連携やアプリのホワイトリスト化に対応