Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコのクレカ不正申込対策で実証実験

カウリス、関西電力送配電、オリエントコーポレーションの3社は、クレジットカードの不正申込対策において実証実験を開始する。

カウリスでは、不正ログイン検知サービスを通じて、不正なログインや口座開設に用いられたデバイス情報のデータベースを保有。さらに「規制のサンドボックス制度」の認定を受けて関西電力送配電の電力設備情報データを活用した不正口座の開設防止サービスを2020年10月に事業化しており、今回オリエントコーポレーションでは、不正な申し込みの検知精度の向上にあたって実証実験を進める。

またカウリスでは、東京電力パワーグリッドや中国電力ネットワーク、九州電力送配電とも実証を推進。金融機関やクレジットカード事業者へのサービス展開を目指す。

(Security NEXT - 2020/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
「InterSafe ILP」に新版 - ファイル持出時に個人情報をチェック
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス
DMARCレポート解析サービスに通報機能を追加 - TwoFive
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア