Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリコのクレカ不正申込対策で実証実験

カウリス、関西電力送配電、オリエントコーポレーションの3社は、クレジットカードの不正申込対策において実証実験を開始する。

カウリスでは、不正ログイン検知サービスを通じて、不正なログインや口座開設に用いられたデバイス情報のデータベースを保有。さらに「規制のサンドボックス制度」の認定を受けて関西電力送配電の電力設備情報データを活用した不正口座の開設防止サービスを2020年10月に事業化しており、今回オリエントコーポレーションでは、不正な申し込みの検知精度の向上にあたって実証実験を進める。

またカウリスでは、東京電力パワーグリッドや中国電力ネットワーク、九州電力送配電とも実証を推進。金融機関やクレジットカード事業者へのサービス展開を目指す。

(Security NEXT - 2020/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IPA、「情報セキュリティ白書2022」を発売 - PDF版も同時公開予定
ダークウェブを対象とした組織機密情報の流出調査サービス
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
「金融犯罪対策コンサルティングサービス」を提供 - ラック
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀
中小企業向けUTMの新モデルを投入 - ウォッチガード
アップデートでルータにセキュリティ機能を追加 - アライドテレシス
サンドボックスなど利用したクラウド向け脅威対策サービス - NTT東
モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン