Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」

18歳以上のユーザーが過去1年間に経験したネット犯罪被害でもっとも多かったのは、「詐欺メール」被害だった。

シマンテックの調査で明らかになったもの。2017年10月5日から同月24日まで、オンライン調査を実施。日本を含む20カ国の18歳以上のユーザー2万1549人を対象にしたもので、日本の回答者は約1000人。

日本の結果を見ると、過去1年間に経験したネット犯罪被害でもっとも多かったのは「詐欺メール(42%)」だった。「アカウントのパスワード盗難(37%)」「PC、タブレット、スマートフォンのウイルスなどへの感染(34%)」「オンラインショッピングにおける詐欺(33%)」と続く。

また21%が、使用している機器に対してパスワードによる保護やセキュリティ対策ソフトの導入などまったく実施していないと回答した。

パスワードの管理方法を見ると、「複数のパスワードを使い、紙に書き留めている」が48%で最多。「複数のパスワードを、自己流の方法で記憶している(21%)」「複数のパスワードを使い、それをPCやスマートフォンのファイルに保管している(18%)」といった回答も見られた。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2018年4Qの脆弱性届出は93件 - 「ソフト」「サイト」ともに大幅減
若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%