Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割

不正アクセスなどの被害を経験した組織の22.8%が、警察など関連機関への届け出を行わなかったことがわかった。理由として、7割が「自社内だけの被害だった」ことを挙げている。

警察庁が2017年10月24日から11月17日にかけて実施した、不正アクセス対策などの実態調査で明らかになったもの。

市販のデータベースから無作為に抽出した企業や教育機関、医療機関、地方公共団体、独立行政法人、特殊法人あわせて620件が回答。そのうち、過去に不正アクセスなどのセキュリティ被害に遭ったと回答した325組織を対象に、届け先状況などを調べた。

届け出先としては、「警察」が18.2%でもっとも多く、次いで「監督官庁(13.5%)」「情報処理推進機構(4.9%)」「JPCERTコーディネーションセンター(4.9%)」と続く。一方、22.8%は「届け出なかった」と答えた。

(Security NEXT - 2018/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
対応コストともなう「サイバー攻撃」「内部犯行」、43.9%が経験
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
端末の遠隔ロックやGPS追跡、利用率は2割強
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ
重要インフラの3社に1社でランサム被害 - 11%は感染20台以上
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ