Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割

不正アクセスなどの被害を経験した組織の22.8%が、警察など関連機関への届け出を行わなかったことがわかった。理由として、7割が「自社内だけの被害だった」ことを挙げている。

警察庁が2017年10月24日から11月17日にかけて実施した、不正アクセス対策などの実態調査で明らかになったもの。

市販のデータベースから無作為に抽出した企業や教育機関、医療機関、地方公共団体、独立行政法人、特殊法人あわせて620件が回答。そのうち、過去に不正アクセスなどのセキュリティ被害に遭ったと回答した325組織を対象に、届け先状況などを調べた。

届け出先としては、「警察」が18.2%でもっとも多く、次いで「監督官庁(13.5%)」「情報処理推進機構(4.9%)」「JPCERTコーディネーションセンター(4.9%)」と続く。一方、22.8%は「届け出なかった」と答えた。

(Security NEXT - 2018/02/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
37%が迷惑行為などオンラインリスクを経験 - 加害者の2割が家族や知人
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円