Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

金融庁、コインチェックに業務改善命令 - 顧客対応や原因調査が不十分

金融庁は、不正送金被害が発生した仮想通貨取引所のコインチェックに対し、業務改善命令の行政処分を行った。

顧客から預かっていた「NEM」を不正に送金される問題が発生したことを受け、資金決済法に基づき同社に報告を求めたところ、原因究明や顧客対応、再発防止策など不十分であったことから、業務改善命令を行ったもの。

今回の問題に関する事実関係の確認や原因究明、顧客に対する適切な対応、リスク管理体制の構築、再発防止策の策定、経営管理体制の強化、責任の所在の明確化など命じたもので、書面で2月13日までに報告するよう求めている。

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
2018年4Qの不正送金被害、さらなる低水準に - 全銀協まとめ
2018年の不正送金被害は大幅減 - 法人で1割以下に
ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件