Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コネクテッドカーへのサイバー攻撃、約8割「標的になると思う」

日本において、コネクテッドカーを所有率は4%ほどで、今後購入したいと考える人をあわせても2割強にとどまることがわかった。サイバー攻撃のリスクについてもやや関心が低いという。

蘭Irdetoが10月25日から11月9日にかけて調査を実施し、結果を取りまとめたもの。日本、米国、イギリス、ドイツ、カナダ、中国の18歳以上の成人あわせて8354人が回答した。日本からの回答者は1021人。

日本において「コネクテッドカーの所有者は4%。「将来購入する予定」との回答をあわせても22%にとどまった。コネクテッドカーがサイバー攻撃の標的となる危険性があると思うか尋ねたところ、「あると思う」との回答は日本が79%。調査対象国の平均である85%をやや下回った。

無人運転車の購入を検討するにあたり、サイバーセキュリティの脅威に対する懸念があるか聞いたところ、日本は14%が「何ら懸念はない」、26%が「懸念を持っているかどうかわからない」と回答。

具体的な脅威としては、「不正な機能制御」が42%でもっとも高く、次いで「遠隔運転(38%)」「鍵の不正解除(37%)」「車両や備品の盗難(37%)」といった声が聞かれた。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 政府が意識向上を呼びかけ
「Security Days Spring 2018」を全国4カ所で開催 - 事前登録を受付
BlackBerry、コネクテッドカーのセキュリティでフレームワーク
JNSA、「Network Security Forum 2018」を都内で開催
約6割が「インターネット空間」に犯罪の不安感じる
自動運転に半数弱が「関心あり」 - サイバー攻撃対策求める声も
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
IPA、IoT製品開発指針を反映した教育教材を開発 - 情セ大で講座開講
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
Pマーク事業者の個人情報関連事故、2016年度は843組織2044件