Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2割弱が出所不明の公衆無線LAN利用 - 「セキュリティ意識していない」 約3割

公衆無線LAN利用者の半数がセキュリティに不安を感じている一方、3割が「セキュリティ対策をしていない、セキュリティを意識していない」ことがわかった。

MMD研究所とマカフィーが公衆無線LAN利用者の実態調査を実施し、結果を取りまとめたもの。同調査は11月15日から17日にかけて、インターネット上で実施。スマートフォンで公衆無線LANを利用したことがある15歳から69歳の男女3897人が回答した。

同調査では、回答者の69.4%が公衆無線LANを利用。利用経験がある1556人を対象に接続経験のある公衆無線LANの種類を見ると「お店やホテルなどが提供している公衆無線LAN」が87.8%と突出していた。

「キャリアやプロバイダなどが提供している公衆無線LAN」が24%だった一方、「どこが提供しているかわからないが接続できそうなパスワード不要の公衆無線LAN」も17.5%に及ぶ。

「どこが提供しているかわからないが接続できそうなパスワード不要の公衆無線LAN」の利用者に対し、利用にあたって抵抗感を持たないか尋ねたところ、「とても抵抗感がある(12.5%)」「やや抵抗感がある(32%)」と、あわせて44.5%が抵抗感を覚えつつも利用していた。

20171221_mm_001.jpg
公衆無線LAN利用時の抵抗感(グラフ:MMD研究所、マカフィー)

(Security NEXT - 2017/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
総務省 - 公衆無線LANのセキュリティ対策で意見募集
企業向け認知度調査、もっとも高い「WannaCrypt」でさえ4割満たず
総務省、公衆無線LANセキュリティの課題や対策を検討
公衆無線LANの安全性を確認するユーザーは3人に1人
佐賀県教委、10項目のセキュリティ対策実施計画を策定
「ランサムウェア」の認知度、3割満たず - マカフィー調査
セキュリティ侵害発覚まで平均520日 - 狙いは役員の「メール」
公衆無線LAN利用者や設置者向けに手引書 - 脅威や対策を解説
「セキュリティソフト導入」は5割強 - 対策しない理由「わからない」