Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムを攻撃者視点で自己評価できるツール - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、制御システムにおけるセキュリティ対策状況を自己評価するためのツール「J-CLICS攻撃経路対策編」を公開した。

同センターでは、制御システムの構築や運用、保守に関わる関係者向けにセキュリティ対策状況を把握したり、具体策を検討できるよう「J-CLICS STEP1」「同STEP2」を2016年より提供しているが、あらたな自己評価ツールを追加したもの。

今回公開した「J-CLICS攻撃経路対策編」は、制御システムにおけるセキュリティ対策状況を攻撃者の視点から評価するためのツールで、チェックリストや解説書などを用意している。

具体的には、攻撃が行われる4経路として「ネットワーク」「無線LAN」「持ち込みデバイス」「物理アクセス」を想定。経路ごとに個々の攻撃手順に対するセキュリティ対策の実施状況を確認するためのチェックリストを用意した。

「設問項目ガイド」では、設問の背景、想定される攻撃、対策の考え方、内容について解説している。また経路ごとに攻撃の成立条件を整理し、対策との関連性をマッピングした「対策マップ」をあわせて提供している。

(Security NEXT - 2023/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
先週の注目記事(2024年2月25日〜2024年3月2日)
eモータースポーツ大会の複数SNS公式アカウントが乗っ取り被害
「WP eCommerce plugin」に深刻な脆弱性 - パッチは未提供
「Microsoft Edge」にセキュリティアップデート - 脆弱性3件を修正
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意