Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020を策定」 - 総務省

総務省は、IoTや5G時代に向けてサイバーセキュリティ対策のあり方について取りまとめた「IoT・5Gセキュリティ総合対策2020」を策定した。

同省ではサイバーセキュリティタスクフォースにおいて、「IoT・5G セキュリティ総合対策」を2019年8月に公表しているが、新型コロナウイルス感染症によるテレワークの増加や、5Gの本格開始、電気通信事業者による対策、セキュリティ情報の収集、分析能力の向上に向けた産学官連携など、政策課題として捉え、あらたな施策を盛り込み、「同2020」として策定した。

パブリックコメントは6月6日から同月25日にかけて実施。23件の意見が寄せられ、107項目についてタスクフォースの考え方を示すとともに一部追記や表現の見直しを実施した。

同文書では、情報通信サービスとネットワークの個別分野に関する具体的施策として、IoTや5G、クラウドサービス、スマートシティ、無線LAN、重要インフラとしての情報通信分野、地域の情報通信サービス、テレワークシステムなどのセキュリティ対策について取りまとめた。また電気通信事業者による高度で機動的なサイバー攻撃対策の実現を目指すとしている。

また横断的施策として、研究開発の推進や、人材育成と普及啓発の推進、国際連携の推進、情報共有と情報開示の促進などを盛り込んだ。

(Security NEXT - 2020/07/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

【不正チャージ問題】金融機関口座の取引履歴、「合算」表示に注意を
カスタマイズ可能なフィッシングの模擬演習サービス- エフセキュア
クリック時にクイズで教育するフィッシングトレーニング - 仏Vade
「ドコモ口座」経由の不正チャージ、被害申告が200件超に
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
決済サービス連携で2017年7月以降380件約6000万円の被害申告 - ゆうちょ銀
Windows向けの旧版「ウイルスバスタークラウド」に複数脆弱性
なりすまし不正口座開設、写真なし証明書を悪用 - 筆跡が酷似
2019年の標的型攻撃対策製品市場は約460億円 - 5年後には1.5倍に
複数端末が「Emotet」感染、なりすましメール送信 - ニッセイコム