Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ロジテック製ルータ11機種、「Mirai」感染のおそれ - 最新ファームウェアか確認を

一部ロジテック製ルータにおいて、ファームウェアの旧版に脆弱性が存在し、インターネット経由で攻撃を受けてボットプログラム「Mirai」へ感染するおそれがあることから、同社はあらためて利用者にアップデートを呼びかけた。

同社11製品において、既知の脆弱性が悪用され、DDoS攻撃などに悪用されている「Mirai」へ感染するおそれがあるとして、注意喚起を行ったもの。脆弱性が存在する旧版のファームウェアを利用していると、インターネット経由で「UPnP」にアクセスでき、脆弱性を突かれるおそれがある。

同社では、2013年6月以降、脆弱性を修正したファームウェアを提供しており、対象製品の利用者に対し、最新版のファームウェアを利用しているか確認し、必要に応じてアップデートを実施するようアナウンスを実施した。

JPCERTコーディネーションセンターや情報通信研究機構(NICT)では、同問題に起因すると見られる「Mirai」への感染をすでに国内において観測しており、注意を呼びかけている

旧版のファームウェアにおいて、今回の脆弱性が影響を受ける製品は以下のとおり。

LAN-WH300N/DR
LAN-W300N/DR
LAN-WH300N/DRCV
LAN-WH300N/DRCY
LAN-W300N/R
LAN-W300N/RU2
LAN-W300N/RS
LAN-W300N/P
LAN-W300N3L
LAN-WH300N/DGR
LAN-WH300N/DGRU

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ビデオ会議で人気集める「Zoom」に複数問題 - 修正に追われる
「Microsoft Teams」導入時は最新版のインストーラーを
レクサスなど複数トヨタ車DCUに「BlueBorne」脆弱性
「Chrome 80.0.3987.162」が公開 - セキュリティ問題8件を解決
ネットインフラ管理アプライアンスに複数脆弱性
ヤマハ製の複数ネットワーク機器に脆弱性 - 停止や再起動のおそれ
RSAのID認証管理製品に複数の深刻な脆弱性
三菱製シーケンサ「MELSEC」のUDP/IP通信にリソース枯渇のおそれ
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト