Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2016年度のアイソ製品市場は33.7億円 - 前年度比63.6%増

ITRは、国内におけるアイソレーション製品の市場動向や今後の予測について取りまとめた。公共分野が市場を牽引し、前年度比63.6%増を記録したという。

国内におけるインターネット環境を業務環境から分離する製品の市場動向について、同社が国内47社へ調査を実施。売上実績や2021年度までの予測を取りまとめたもの。

2016年度の実績は33億7000万円。前年度比63.6%増となった。総務省が2015年11月に自治体におけるインターネット分離に関するガイドラインを公開しており、公共分野が市場を牽引したという。

2017年度以降については、同市場への認知度が高まり、民間への導入が広がることが期待されるとし、2021年度までの年平均成長率を13.6%、2021年度の市場規模を64億円と予測している。

(Security NEXT - 2017/12/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
盗難クレカ、流通量多い上位20カ国の平均相場は10.95ドル
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
CSIRT構築運用支援サービスの市場規模は72.3億円 - 前年度比18.7%増
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
2017年度の国内DDoS攻撃対策サービス市場、前年度比28.9%増
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
セキュリティ製品やサービスの国内市場、いずれも5%増と堅調
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
2017年度の情報セキュリティ市場は9965億円 - 前年度比483億円増と堅調