Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も

クリスマスシーズンに利用できるディスニーランドの入場チケットが当選したなどとだますメールが出回っている。メールにはマルウェアへ感染させようとするリンクが記載されていた。

日本サイバー犯罪対策センター(JC3)によれば、問題のメールでは、楽天と東京ディズニーランドの共催によるチケットの無料プレゼントに当選したなどと説明。

当選チケットを受け取るには、メールに記載のURLから登録テキストをダウンロードする必要があるとして、不正なファイルをダウンロードさせようとしていた。

メールの本文は、「ご抽選されて当たった!おめでとうございます」「無料プレゼントで、いずれの料金が必要なく、ご安心下さい」「クリスマスを前もっておめでとうございます」「真面目に住所またはE-mailをご記入ください」など、不自然な言い回しが目立つ。さらにまた、当選したチケットの枚数について「两枚」と中国語で記載されていた。

(Security NEXT - 2017/12/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんが判明、外部へ誘導される状態に - 知多半島ケーブルネットワーク
12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
北朝鮮関与の攻撃グループ、仮想通貨関連企業へ標的型攻撃
「こんな時期に発注書?」仕事納めのタイミング狙うマルウェアメールに注意を
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加