Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる

フィッシング攻撃を受けた回数を国別に見ると、前回に引き続き「カナダ」がトップ。しかも前四半期から24ポイント増となり、占める割合が59%にまで上昇した。

2017年第1四半期に、54%と過半数を占めていた「米国」は、4年半ぶりにトップを譲った前四半期に引き続き、2017年第3四半期も割合が縮小しており、9%と1割を切った。以降「インド(7%)」「コロンビア(6%)」「メキシコ(4%)」と続く。

一方フィッシングサイトのホスト国は、引き続き「米国」が突出しており、前回同様59%にのぼる。ドイツとロシアがともに4%で続いた。

また同四半期に国内でホストされたフィッシングサイトは、23件へと激減した前四半期から再び増加し、141件だった。特に9月が104件と目立って多かった。

(Security NEXT - 2017/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングURL件数、5月も4000件台と高水準 - 報告件数は1.4万件超に
フィッシングサイトの割合増加 - 27%がHTTPS対応
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
不正送金マルウェア - 企業狙いへシフトか
2020年1Q、前四半期からインシデント増加 - 「サイト改ざん」は減少
2019年4Qのフィッシング、前四半期比1.5倍に - RSA調査
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多
クレカ選び、ポイント還元などと同等にセキュリティを重視
「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
シニアの25%がフィッシングに遭遇 - 4割強が相談相手いない