Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ

サクサは、中小規模オフィス向けのセキュリティアプライアンス製品「GE1000」を、12月13日より提供開始する。

同製品では、接続の許可を得ていない端末の接続を制限。メール向けのセキュリティ機能では、メール送信前に数分間の猶予時間を設定し、キャンセルできる機能や、添付ファイルの自動暗号化機能などを搭載。特定キーワードやマイナンバー、クレジットカード番号などを含むかチェックする機能を備える。

価格は、1台69万9840円。設置工事費が別途必要。同社では、2年間で6000台の販売を目指すとしている。

(Security NEXT - 2017/11/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
ドメインの移管やDNS設定変更をロックするオプション - ムームー
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン