Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション

チエルは、教育機関向けにファイルの自動暗号化や権限管理などの機能を提供する「SHIELDEX EnCrypto」を、12月7日より提供開始する。

同製品は、ローカルドライブやファイルサーバ上に「Officeファイル」をはじめ、「一太郎ファイル」「PDFファイル」「画像ファイル」などを保存する際に自動的に暗号化し、操作権限などを管理できるソリューション。利用権限が与えられた環境では、利用時に自動的に復号され、ファイルを閲覧することができる。

またファイルに対し、閲覧や編集のほか、透かし印刷、復号化、有効期限、自動破棄などの権限をユーザーやグループごとに設定できるほか、ファイルの操作履歴や開封履歴の管理ができる。価格はオープン。

(Security NEXT - 2017/11/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
WatchGuard、Percipient Networksを買収 - DNSによる遮断機能を取得
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
ソフバンテク、CSIRT早期構築を支援するサービス
売り切れだった「セキュリティ専門家 人狼」、増刷に向けてアンケート
安川情報、IoTとAIを活用した教育機関向けセキュリティシステム
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
JNSA、セキュリティ学べるカードゲーム「セキュリティ専門家 人狼」を発売
日立、サイバー攻撃の情報共有や対応強化で地銀と協力
「IBM Watson for Cyber Security」がベータプログラム - 40組織が参加