Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力

Darktraceは、産業制御システムや重要インフラを対象にした脅威の高まりを受け、あらたな部門を設置し、同分野への対応を強化する。

重要インフラに対する脅威への注目が高まっており、ビジネス上の最優先課題であるとして、同分野における脅威の特定を専門とする部門「Darktrace Industrial」を設置したもの。

同分野における脅威について、同社は追いつくことが不可能なペースで進化していると指摘し、機械学習技術を用いた特定を進める。また産業用システム向けの保護機能を強化した同社ソリューションの新版「Industrial Immune System 3」の拡販を進める。

(Security NEXT - 2017/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
NECプラットフォームズの遠隔監視制御システムに脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
横河電機の制御システムに脆弱性 - 一部は要マイグレーション
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
【特別企画】脅威トレンドや対策の重要性を経産省伊東氏が解説 - 「WannaCrypt」の特異点も
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量