Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力

Darktraceは、産業制御システムや重要インフラを対象にした脅威の高まりを受け、あらたな部門を設置し、同分野への対応を強化する。

重要インフラに対する脅威への注目が高まっており、ビジネス上の最優先課題であるとして、同分野における脅威の特定を専門とする部門「Darktrace Industrial」を設置したもの。

同分野における脅威について、同社は追いつくことが不可能なペースで進化していると指摘し、機械学習技術を用いた特定を進める。また産業用システム向けの保護機能を強化した同社ソリューションの新版「Industrial Immune System 3」の拡販を進める。

(Security NEXT - 2017/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に
NICTやPwC-CSら、重要インフラのサイバー攻撃対策技術で共同研究
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
制御システム安全装置狙う「Triton」を検知 - 大規模攻撃の準備段階で失敗か
「制御システムリスク分析ガイド」に「活用の手引き」 - IPA
制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供