Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す

佐川急便からの案内を装い、本文内のリンクからマルウェアへ感染させようとするメールが確認された。同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、情報を公開して注意を呼びかけている。

20171107_ph_001.jpg
佐川急便が公開した不正メールの一部

問題のメールは、「[佐川急便]請求内容確定のご案内」という件名で送信されたもの。

「請求の内容が確定した」などと利用者向けの案内を装って送信されていた。

メール内に請求書の番号やサポートページへのリンクが記載されているが、実際は関係ないサイトのzipファイルへリンクされており、誤って内部のファイルを開くとマルウェアへ感染するおそれがある。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムウェアの感染被害が発生、運行には影響なし - 多摩都市モノレール
ビジネスパーソンの3割が「ランサムウェア」を認知 - 内容理解は1割強
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知