Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

佐川急便装う「偽請求メール」、中身はマルウェア - パソコンからのアクセス促す

佐川急便からの案内を装い、本文内のリンクからマルウェアへ感染させようとするメールが確認された。同社や日本サイバー犯罪対策センター(JC3)では、情報を公開して注意を呼びかけている。

20171107_ph_001.jpg
佐川急便が公開した不正メールの一部

問題のメールは、「[佐川急便]請求内容確定のご案内」という件名で送信されたもの。

「請求の内容が確定した」などと利用者向けの案内を装って送信されていた。

メール内に請求書の番号やサポートページへのリンクが記載されているが、実際は関係ないサイトのzipファイルへリンクされており、誤って内部のファイルを開くとマルウェアへ感染するおそれがある。

(Security NEXT - 2017/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

トロイの木馬「Fareit」の添付メール、9割が同じ件名
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
Flashゼロデイ攻撃、露医療機関文書に偽装 - 伊Hacking Teamと手法類似
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化