Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者の個人情報含む名簿が所在不明 - 名古屋市

名古屋市千種区において、高齢者情報が記載された敬老行事対象者名簿が所在不明になっている。

同市によれば、7月に学区連絡協議会会長へ貸与した敬老行事対象者名簿が、所在不明になっているもの。10月6日に判明した。問題の名簿は、A4サイズで41枚。満75歳以上の高齢者687人分の氏名や住所、性別など個人情報が記載されている。

学区連絡協議会会長は、7月下旬に区役所へ返却したとしているが、受領した職員など確認できておらず、所在がわからない状態だという。

同市では17日に警察へ届け、対象となる高齢者に報告と謝罪の書面を送付した。名簿の貸与と返却時の記録なども取っておらず、管理に不備があったとして、再発防止に取り組む。

(Security NEXT - 2017/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
訪問サービス中に車上あらし、個人情報が盗難 - 長岡の高齢者介護施設
消防本部で高齢者世帯名簿を紛失 - 岐阜市
委託先の職員が個人情報リストを紛失 - 足立区
療養費データ12.7万人分のデータが所在不明 - 大阪府国保連
高齢者名簿など個人情報含む書類が車上荒らし被害 - 札幌市
個人情報を一般古紙として廃棄、圧縮され回収不能に - 福岡市
病院職員が個人情報を持ち出しか - 削除されたデータの復旧作業で判明
民生委員が高齢者世帯生活調査票や災害時用名簿を紛失
準備作業でマイナンバーを62市町村に誤送信 - 鴻巣市