Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高齢者在宅サービスセンターで携帯電話を一時紛失 - 港区

東京都港区は、指定管理者が運営している高齢者在宅サービスセンターにおいて、利用者の電話番号などが登録された連絡用の携帯電話を紛失したことを明らかにした。紛失の翌日に発見し、回収している。

同区によれば、1月9日9時ごろ、同センターの職員が利用者の送迎中に、送迎の連絡用として使用していた携帯電話1台を紛失していることに気づいたもの。

紛失した携帯電話には、利用者54人の氏名と電話番号、およびヘルパー事業所の電話番号6件が保存されていた。

翌10日、携帯電話搜索サービスを利用して紛失場所を中心に探したところ、利用者が住むマンションの敷地内で発見された。発信や情報の消去など操作の痕跡がないことを確認した。

対象となる利用者とヘルパー事業者には、指定管理者が説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2023/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市
政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正