Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

民生委員向け調査資料に非対象者の個人情報 - 龍ケ崎市

茨城県龍ケ崎市は、民生委員が実施している「ひとり暮らし高齢者の実態調査」において資料を配布したが、調査対象ではない住民の個人情報が記載されていたことを明らかにした。

同市によれば、民生委員78人に調査用の住宅地図を配布したが、同調査の対象ではない1520人分の氏名と住宅位置が記載されていたもの。

同市では6476人分のデータを管理しており、今回の対象者は4956人だったが、調査対象外であるのこりのデータも含まれていた。

10月7日に住宅地図を配布したところ、同日午後に民生委員より対象者以外の氏名が記載されていると指摘があり、問題が判明した。同市では11日より対象となる民生委員宅を訪問し、地図の回収を進めている。

当初誤って情報が掲載された対象者に対して、文書による注意喚起を予定していたが、民生委員は守秘義務の遵守を前提としており、資料も回収して悪用される見込みがないとして、通知を中止したという。

(Security NEXT - 2022/10/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宣伝会議、不祥事ランキングを公表 - 求められる迅速な誠意ある対応
ビルシステムのセキュリティ対策カタログをリリース - CSSC
WP向けプラグイン「WP User Frontend」に深刻な脆弱性 - PoC公開済み
共同利用対象外の個人情報をグループDBに誤送信 - JFRカード
中学校教諭が車上荒らし被害、個人情報が盗難 - 習志野市
研究者狙うサイバー攻撃、講演や取材の依頼を偽装
「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開