Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市

青森県むつ市は、個人情報が保存されたUSBメモリの所在がわからなくなっている問題で、関連する同市職員の懲戒処分を行った。

同市障がい福祉課において、9月28日より後期高齢者医療保険の加入者に関する549人分の個人情報が保存された業務用USBメモリの所在がわからなくなっているもの。翌29日に紛失が判明し、その後探索するも発見されていない。

警察の捜査では盗難の可能性は低いとされており、同市ではUSBメモリを最後に使用し、保管場所へ返却しなかったとする職員を、10月20日付けで減給1カ月の懲戒処分とした。

USBメモリは暗号化されておらず、同市の「情報セキュリティポリシー」や「USBメモリ等取扱要綱」などが守られていないなど、セキュリティ管理において問題があったとし、セキュリティ管理責任者だった担当課長を取扱要領規定違反や監督責任があるとして職員と同様の減給1カ月とした。また担当部長についても監督責任があるとし戒告としている。

(Security NEXT - 2022/10/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

取引先従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - プライムツリー赤池
生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大高等部
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
高齢者の個人情報や口座情報含むUSBメモリを紛失 - むつ市
がん検診受診者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 東京曳舟病院
職員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島県
懲戒処分の検討契機に別職員による不正アクセスが発覚 - 小竹町
顧客情報紛失、閉店作業忙しく管理なおざりに - 化粧品販売店
小学校でUSBメモリを紛失、持出許可得るも禁止の個人情報も - 所沢市
データ判読のため持ち出した患者情報含むUSBメモリを紛失 - 杏林大付属病院