Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加

カスペルスキーは、メールサーバ用セキュリティ対策製品「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server」の新版を提供開始した。

同製品は、マルウェアや不正サイトへのリンクを含むメールをブロックするセキュリティソリューション。Linuxおよび FreeBSDに対応している。

新版では、メールの添付ファイル削除機能を追加。添付ファイルを自動で削除し、メッセージのコピーとともにバックアップ領域に保存する。不正なマクロを含むOfficeファイルにも対応する。

また、「SPF」「DKIM」「DMARC」などの送信ドメイン認証技術により、なりすましメール対策を強化。同社のサイバーセキュリティプラットフォームと連携することで、標的型攻撃への対応も可能になるという。

価格は、最小構成の10メールユーザーで3万132円から。

(Security NEXT - 2017/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
2020年11月サポート終了の「CentOS 6」向けに独自パッチサービス
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック