Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業

アイカ工業は、外部よりウェブサイトが攻撃を受けて一部が一時改ざんされていたことを明らかにした。

20171027_ai_001.jpg
外部より攻撃を受けたアイカ工業のウェブサイト

同社では、10月25日にウェブサイトが攻撃を受けたとする情報をもとに、同日12時過ぎに同サイトを閉鎖。その後調査を進めていたが、一部ファイルが外部より改ざんされ、その後修復された痕跡が残っていることが判明したという。

同サイトに関しては、10月24日に、新種ランサムウェア「Bad Rabbit」が拡散した際、ランサムウェアの配布サイトへ誘導するために悪用されたとの指摘がセキュリティベンダーから挙がっていた

同社では、同サーバが不正アクセスを受けた原因などについて、引き続き調査を進めており、ウェブサイトについてはセキュリティ対策を強化した上で再開するとしている。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「UPnP」プロトコルに脆弱性、攻撃手法「CallStranger」が明らかに
ビットバンクでもドメイン情報改ざん - 取引所とは別ドメイン
一部ネットワーク機器に「DDoS攻撃」や「アクセス制御回避」の脆弱性
海外拠点経由の不正侵入で情報流出、内部横展開も - NTTコム
サイトの「問い合わせフォーム」を悪用する攻撃に警戒を
ウェブサイトがスパムの踏み台被害 - 船橋市
PW設定に問題あるIoT機器、年間2249件に注意喚起
「BIND 9」のセキュリティアップデートが公開 - 「NXNSAttack」などに対応
主要DNSサーバに脆弱性 - 増幅攻撃「NXNSAttack」の踏み台となるおそれ
メールサーバで設定ミス、スパムを中継 - 山口県産業技術センター