Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業

アイカ工業は、外部よりウェブサイトが攻撃を受けて一部が一時改ざんされていたことを明らかにした。

20171027_ai_001.jpg
外部より攻撃を受けたアイカ工業のウェブサイト

同社では、10月25日にウェブサイトが攻撃を受けたとする情報をもとに、同日12時過ぎに同サイトを閉鎖。その後調査を進めていたが、一部ファイルが外部より改ざんされ、その後修復された痕跡が残っていることが判明したという。

同サイトに関しては、10月24日に、新種ランサムウェア「Bad Rabbit」が拡散した際、ランサムウェアの配布サイトへ誘導するために悪用されたとの指摘がセキュリティベンダーから挙がっていた

同社では、同サーバが不正アクセスを受けた原因などについて、引き続き調査を進めており、ウェブサイトについてはセキュリティ対策を強化した上で再開するとしている。

(Security NEXT - 2017/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバを踏み台とした「リフレクション攻撃」を観測 - 悪意ある「SYNパケット」に注意
「EC-CUBE」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版などリリース
職員アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 森林研究・整備機構
大阪府新婚世帯支援事業の元委託先に不正アクセス - 迷惑メールの踏み台に
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
職員メールアカウントに不正アクセス、PWを類推か - 早大
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
福島信金でサイト改ざん、マルウェアやサポート詐欺に誘導