Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント

美容機器や化粧品の製造、販売を手がけるタカラベルモントは、サーバが不正アクセスを受け、フィッシングメールを送信する踏み台に悪用されたことを明らかにした。個人情報が流出した可能性もあるとして詳細を調べている。

同社によれば、4月5日に海外向けサイトのサーバよりなりすましによるフィッシングメールが送信されていることが判明したもの。

サーバで利用しているアプリケーションの一部に存在する脆弱性を突かれ、海外のIPアドレスから不正アクセスを受けたという。

サーバ上で管理していた個人情報に対するフィッシングメールの送信は確認されておらず、4月17日の時点で被害や流出の痕跡は確認されていないが、個人情報が流出した可能性もある。氏名や住所、電話番号、性別、メールアドレス、サロンや医院といった所属などが含まれる。

同社では、攻撃を行ったIPアドレスからのアクセスを遮断。脆弱性を修正した。引き続き調査を進めるとともに再発防止策を講じていくとしている。

(Security NEXT - 2024/04/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
「IBM Security Guardium」に複数脆弱性 - パッチの適用を
NetflixのOSS「Genie」に脆弱性 - アップデートを提供
ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース