Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オープンソース版「OpenAM」にオープンリダイレクトの脆弱性

オープンソース版の「OpenAM」にオープンリダイレクトの脆弱性が含まれていることがわかった。

認証サーバ「OpenAM」のオープンソース版における「同13.0」に、オープンリダイレクトの脆弱性「CVE-2019-5915」が明らかとなったもの。任意のウェブサイトへ誘導する際の踏み台に悪用されるおそれがある。

同脆弱性は、オープンソース・ソリューション・テクノロジの相本智仁氏がJPCERTコーディネーションセンターに報告し、同センターが調整を実施。OpenAMコンソーシアムにより、修正パッチが提供されている。

(Security NEXT - 2019/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「GitLab」にセキュリティアップデート - 脆弱性4件を解消
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正
「Rust」によるWindowsバッチ処理に脆弱性 - アップデートが公開
Juniper Networks、セキュリティアドバイザリ36件を公開 - 「クリティカル」も
「PAN-OS」に関する脆弱性7件を修正 - Palo Alto Networks