Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も

20171024_ct_001.jpg
サイバートラスト代表取締役社長の阿多親市氏

サイバートラストは、「セキュアIoTプラットフォーム」の事業強化に向けて、ラックおよびユビキタスと提携した。

「セキュアIoTプラットフォーム」は、従来の認証事業にくわえ、10月1日に合併したミラクル・リナックスの組込技術などを活用。

公開鍵基盤によるなりすましの防止や、通信の暗号化、改ざんの防止などのシステム基盤を提供するほか、IoT機器における半導体の設計段階から廃棄処分までを見据えたライフサイクルについて、コンサルティングサービスを展開する。

エコシステムの構築を目指しており、国内外のパートナー10社との協業などを通じて展開を加速させる。

20171024_ct_002.jpg
パートナー10社が一堂に会した事業戦略発表会の様子

そのなかの1社であるラックとは、IoTセキュリティの事業推進を目的に資本および技術面で提携。

ラックが同社株式の6.34%を取得するとともに、ラック常務執行役員の齋藤理氏が同社の取締役に就任した。

またIoT機器向け脆弱性診断サービスの提供に向けて、ソフトウェア開発分野でノウハウを持つユビキタスと協業。従来の通信における脆弱性や、認証メカニズムの脆弱性診断にくわえ、ファームウェアやハードウェアにも対応した診断サービスを2018年春に展開したい考え。

(Security NEXT - 2017/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
ビルシステム向けセキュリティソリューション - NTTセキュリティら
九大ら、スマートファクトリー向けセキュアプラットフォームを共同研究
横国大とBBSS、共同研究開始 - 「バーチャルIoTホームハニーポット」を活用
IoTセキュアGWの実証実験、有効性確認の一方で誤検知も - 総務省
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か