Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、顔認証機能をクラウドで提供 - 顔認証ソフトの強化も

NECは、顔認証エンジン「NeoFace」を採用した新しいサービスの提供や、ソフトウェアの強化などを行った。順次提供開始する。

顔認証エンジン「NeoFace」を同社のクラウド基盤「NEC Cloud IaaS」に搭載し、顔認証機能をクラウドサービス「NeoFace Cloud」として提供する。

サーバの設置は不要で登録情報は同社が管理。登録情報を保持しつつ、一時的な利用を停止できるため、イベントや工事現場など期間を限定して利用できる。料金は端末1台、対象者1人あたり月額5686円。

また、顔認証によるパソコンへのログオンや、ログオン中の利用者の常時監視を行うソフトの新版「NeoFace Monitor V3」を提供する。

正面以外の認証や視線の検知に対応。ログオンやロック解除時に顔や目の動きをランダムに指示することで、写真や動画を使ったなりすましへの対策を強化した。また業務アプリケーションにおいて、顔認証によるログオンが可能。価格は1万8144円から。

さらに、顔認証ソフトをプリインストールしたアプライアンスサーバに導入サービスをセットにした「NeoFace 顔認証システム導入セット」を強化。システム本体に無停電電源装置(UPS)を内蔵したほか、タブレット搭載カメラを利用する際の対応数を最大16台まで増加した。価格は70万9560円から。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
富士通、FIDO準拠の生体認証サービス - カメラによる生体認証にも対応
顔認証活用の決済サービスで実証実験 - 三井住友銀などで実施
NTTデータSMS、複数顔認証による不正操作防止ソリューション
NEC、顔認証を活用した決済システムの実証実験を開始
NEC、ログオンソフトに生体認証とPWによる二要素認証機能
NEC、歩行者に対応した顔認証システムの実証実験
NEC、中小企業向けに「マイナンバー安心セット」をリリース