Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに

神戸デジタル・ラボは、10月14日に開催した医療系ソフトウェアのハッキングコンテストで、46件の脆弱性が発見されたことを明らかにした。

20171018_kd_001.jpg
大会の様子(画像:KDL)

同コンテストは、実際に国内の調剤薬局で利用されている医療系ソフトウェアを対象としたハッキングコンテスト。

2015年から開催されおり、3回目となる今回は8チーム25人が参加。脆弱性46件が発見された。そのうち2件は、患者情報の流出やカルテの改ざん、業務停止など深刻な事態につながるおそれのある危険度の高い脆弱性としている。

同コンテストで優勝したのはチーム「binja」。途中まで別のチームが先行していたが、最後に難易度の高い脆弱性を見つけ、逆転優勝となったという。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
「SECCON」と「SecHack365」がコラボ、「SECHACKCON2018」開催
「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化
SECCON決勝戦が終幕 - 韓国チームが連覇、日本チームは3位と健闘
「SECCON 2017」が開催中 - 国内決勝は学生チームが制す
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
SECCON 2017決勝大会、一般来場者の受付を開始
SECCON決勝大会の進出チームが決定
写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県
SECCON、自作ツールのデモ展示企画「SECCON YOROZU」を実施