Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに

神戸デジタル・ラボは、10月14日に開催した医療系ソフトウェアのハッキングコンテストで、46件の脆弱性が発見されたことを明らかにした。

20171018_kd_001.jpg
大会の様子(画像:KDL)

同コンテストは、実際に国内の調剤薬局で利用されている医療系ソフトウェアを対象としたハッキングコンテスト。

2015年から開催されおり、3回目となる今回は8チーム25人が参加。脆弱性46件が発見された。そのうち2件は、患者情報の流出やカルテの改ざん、業務停止など深刻な事態につながるおそれのある危険度の高い脆弱性としている。

同コンテストで優勝したのはチーム「binja」。途中まで別のチームが先行していたが、最後に難易度の高い脆弱性を見つけ、逆転優勝となったという。

(Security NEXT - 2017/10/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Trend Micro CTF 2019」 - ポーランドチームが優勝
「SECCON CTF 2019」のオンライン予選、まもなく開催
専門学生向けにコンテスト開催、課題は「WAF」導入 - MBSD
学生向けCTFコンテストを11月に都内で開催 - NRIセキュア
啓発動画のコンテスト、再生回数や評価でも評価 - トレンド
CODE BLUE 2019の基調講演者が決定 - 講演はシングルトラックに
「SECCON CTF 2019」の開催日程が明らかに
「CODE BLUE 2019」が10月下旬に開催 - 論文募集やチケット販売が開始
新元号到来をCTFで迎える「令和CTF」が緊急開催
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」