Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施

国内におけるランサムウェアの認知度が1年間で大幅に上昇した。一方で、データのバックアップを行っている割合は半数に及んでいない。

カスペルスキーが、8月24日と25日にセキュリティ意識に関するインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内の18歳から69歳のインターネット利用者623人が回答した。

ランサムウェアについては、13.5%が「詳しく知っている」、46.7%が「聞いたことはあるが、詳しくはわからない(46.7%)」と回答。認知度は60.2%となり、2016年の28.1%から、1年で32.1ポイント増加した。

一方、ランサムウェア対策として有効であるバックアップについて聞いたところ、パソコンでは45.5%、スマートフォンでは44.2%が「機器本体にしかデータを保存していない」と回答した。

(Security NEXT - 2017/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
中堅企業4社に1社、直近3年間にセキュ事故経験
2019年のマルウェア届出は259件 - 18件で被害
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
長期休暇に向けてセキュリティ対策の再確認を
10月は「Emotet」が急増 - 3カ月間の休止経て