Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施

国内におけるランサムウェアの認知度が1年間で大幅に上昇した。一方で、データのバックアップを行っている割合は半数に及んでいない。

カスペルスキーが、8月24日と25日にセキュリティ意識に関するインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内の18歳から69歳のインターネット利用者623人が回答した。

ランサムウェアについては、13.5%が「詳しく知っている」、46.7%が「聞いたことはあるが、詳しくはわからない(46.7%)」と回答。認知度は60.2%となり、2016年の28.1%から、1年で32.1ポイント増加した。

一方、ランサムウェア対策として有効であるバックアップについて聞いたところ、パソコンでは45.5%、スマートフォンでは44.2%が「機器本体にしかデータを保存していない」と回答した。

(Security NEXT - 2017/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

改正「テレワークセキュリティガイドライン」、クラウドやランサムウェアの注意点も
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
2017年の国内検出ランサムウェア、6割が「WannaCrypt」 - 多様化の進むランサム攻撃