Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施

国内におけるランサムウェアの認知度が1年間で大幅に上昇した。一方で、データのバックアップを行っている割合は半数に及んでいない。

カスペルスキーが、8月24日と25日にセキュリティ意識に関するインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内の18歳から69歳のインターネット利用者623人が回答した。

ランサムウェアについては、13.5%が「詳しく知っている」、46.7%が「聞いたことはあるが、詳しくはわからない(46.7%)」と回答。認知度は60.2%となり、2016年の28.1%から、1年で32.1ポイント増加した。

一方、ランサムウェア対策として有効であるバックアップについて聞いたところ、パソコンでは45.5%、スマートフォンでは44.2%が「機器本体にしかデータを保存していない」と回答した。

(Security NEXT - 2017/10/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」