Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

都、不正アクセス被害の宅建事業者検索サイトを再開 - 5カ月半ぶり

東京都は、外部から不正アクセスを受けて停止していた「宅地建物取引業者情報のインターネット情報提供システム」を再開した。

同システムは、インターネット経由で宅建事業者の免許情報を検索できるサービス。宅建事業者に関する商号や免許証番号、有効期限、所在地、資本金、代表者の氏名、監督処分情報などが保存されている。

同システムのウェブサーバが不正アクセスを受けたことが判明したため、4月11日よりサービスを停止していた。

その後、ソフトウェアの脆弱性を修正し、システムの監視体制と運用方法を見直すなど、セキュリティ対策を実施。9月29日13時より再開した。

(Security NEXT - 2017/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
健康情報サイトへの不正アクセス、個人情報流出を確認 - 尼崎市
県寄付サイトに2万回以上の不正入力、カード決済を一時停止 - 長野県
不正アクセスの最終報告、影響は顧客情報最大3万1574件に - ポルシェジャパン
不正アクセスはVPN経由、社内チャットで情報収集か - マイネット報告