Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの「荷物問い合わせサービス」リンクにワナ - 佐川急便が注意喚起

佐川急便は、同社ブランドを悪用し、マルウェアへ感染させようとするメールが出回っているとして、あらためて注意を呼びかけた。同社以外の事業者を偽装したメールにおいても、同社ブランドが悪用されているという。

これまでも、配送の連絡や不在の通知、ウェブサービスの利用、メール便のお知らせなど、同社を装い、マルウェアなどへ感染させようとするメールが確認されているが、あらたな手口を確認したとして注意を呼びかけたもの。

ひとつは「請求内容確定のご案内」との件名で送信されているメール。同社より請求書が発行されたと見せかけ、請求書へのリンクやサポートページへのリンクに見せかけ、不正サイトへ誘導していた。

また発信元として同社を装うケースに限らず、他事業者を装ったマルウェアメールでも、同社のブランドが悪用されているケースもあるという。

実在する通販ショップを偽装したケースでは、メールの本文内に、同社やヤマト運輸など複数宅配事業者の「荷物問い合わせサービス」へのリンクが用意されていたが、実際は不正サイトへ誘導するものだった。

同ケースに関しては、なりすましの被害にあった通販事業者からも、注意喚起が行われている。

佐川急便では、これらメールに記載されたURLへアクセスしたり、添付ファイルを開いた場合、マルウェアへ感染するおそれもあると指摘。受信したメールの真偽がわからない場合は、同社まで問い合わせるよう呼びかけている。

20170929_sa_001.jpg
通販事業者を装ったメールの事例(画像:佐川急便)

(Security NEXT - 2017/09/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日本など14カ国の大学を狙う大規模攻撃 - 論文DB装うフィッシングで知的財産を標的に
「アカウントを永久に閉鎖」と不安煽る偽Amazon - 「Amzon」との記載も
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
宅配便不在通知を偽装したSMS、7月中旬より相談急増
フィッシングに悪用されるブランドが増加、7年2カ月ぶりの高水準
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
「支払い方法が他人に変更された」と不安煽る偽ソフトバンクに注意
SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求