Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

従業員メールアカウントに不正アクセス、顧客情報を閲覧か - 四国スバル

四国スバルは、従業員のメールアカウントが不正アクセスを受け、顧客の個人情報含む送受信したメールが不正に閲覧された可能性があることを明らかにした。

同社によれば、9月10日4時前から翌11日20時ごろにかけて、従業員1人のメールアカウントが不正アクセスを受けた可能性があることが判明したもの。

対象となるメールアカウントには、スーツを購入した顧客128人および同社従業員24人の氏名や購入店舗、購入商品、購入金額のほか、取引先従業員24人の氏名、会社の住所と電話番号、メールアドレスなどの個人情報を含むメールが保存されていた。

9月11日20時ごろ、外部より不正アクセスされた痕跡を発見。メールシステムを停止した。メールデータの外部転送やダウンロードなどは確認されていないが、不正に閲覧され、画面をコピーされた可能性がある。

同社では、対象となる顧客に対して書面で事情を説明、謝罪するとしている。

(Security NEXT - 2017/09/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
職員のメールアカウントが詐取、メールが外部へ転送 - 富山県立大
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大