Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

8月は家庭向けIoT機器への攻撃が増加 - メキシコ発の攻撃増に起因

家庭向けIoT機器への攻撃が、8月より急増している。メキシコからの攻撃が増加していることが原因で、特定のルータが乗っ取られ、攻撃の踏み台にされていると見られている。

横浜国立大学とBBソフトサービスが、家庭を模した試験室で7月に観測したサイバー攻撃の状況を分析したもの。同試験室では、約20カテゴリーから選択した市販のIoT家電やネットワーク機器を設置。サイバー攻撃やマルウェアの活動について調査を行っている。

8月は192カ国からの攻撃を観測。攻撃ホストの総数は38万2876件で、前月の25万4998件を上回った。従来1万5000件から2万件ほどだった攻撃元のIPアドレスは、8月1日を境に増加し、多い日では3万件弱のIPアドレスより攻撃が行われたという。

20170922_yu_001.jpg
攻撃ホストおよびアクセスホストの観測件数推移(グラフ:BBSS)

(Security NEXT - 2017/09/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ログイン可能なIoT機器、半年でのべ505件に注意喚起 - NOTICE調査
新種ランサム118%増、再流行の兆候 - PowerShellマルウェアは5.6倍に
2019年上半期の攻撃パケット、IPアドレスあたり約48万件
2019年上半期の攻撃、前期の3倍以上に - F-Secureまとめ
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
国内家庭用ルータの6割弱にセキュリティ上の問題