Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減

2017年上半期の国内におけるランサムウェアの検出数は、2016年下半期から半減した。ただし、「WannaCrypt」の影響もあり、後半には再び増加傾向を示したという。

20170921_tm_001.jpg
マルウェアの検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

トレンドマイクロが、2017年1月から6月にかけて、同社製品利用者における
ランサムウェアの検出状況を取りまとめたもの。いずれも検出台数ベースの数値となっている。

同期間にランサムウェアを検出した国内の端末は2万1600件。前期の4万8800件から半減した。

ただし、2017年上半期の後半にあたる同年第2四半期に注目すると、前年同期の8300件から約1.8倍にあたる1万5300件へと増加。

6300件だった第1四半期と比較すると、第2四半期に約2.4倍へと拡大しており、予断を許さない状況だ。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
標的型攻撃対策市場の市場規模は120億円 - 前年比42.6%増
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」