Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年上半期の国内ランサムウェア検出、前期から半減

検出数を押し上げた原因となったのが、2017年第2四半期に登場した「WannaCrypt」。同四半期において44%を同ランサムウェアが占めた。

一方でランサムウェアの多様化の傾向も見られたという。同社が第2四半期に検出したあらたなランサムウェアファミリーは、110件に及んでいる。

2016年に国内で約6割を占めた「Locky」は、2017年上半期は26%に縮小。代わって従来海外で多く検出が見られた「Cerber(8%)」「Exmas(7%)」「Jaff(6%)」「Spora(4%)」などが国内で検出されている。

メール経由では、5月に登場した「Jaff」が2カ月間で1300件、「Exmas」は、6月だけで検出台数が1300件にのぼった。

一方ウェブ経由では、「CERBER」が1月から6月にかけて1900件、2月に登場した「SPORA」が5カ月間で900件検出されている。

(Security NEXT - 2017/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

33%がPWを使い回し、52%は似たPWを再利用 - F-Secure調査
2020年の緊急対応支援、3割強が「Emotet」 - ラック
「情報セキュリティ10大脅威 2021」が決定 - 研究者が注目した脅威は?
3月に「JC3 Forum 2021」開催 - サイバー犯罪動向や対応成功事例など紹介
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサムウェア対策で業界横断連携 - 米17組織
経産省、経営者に向けて注意喚起 - サイバー攻撃対策へ一層の関与を
セキュリティ事件の認知度、1位はドコモ口座の不正出金
コロナ禍ではじめて迎える冬期長期休暇 - あらためてセキュ対策の確認を
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査