Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置

日立製作所は、10月1日より情報セキュリティ体制を強化した。CISOが管掌する情報セキュリティリスク統括本部をあらたに設置した。

同社グループ全体の情報セキュリティガバナンスを一括して推進するため、CEO直轄のCISO(Chief Information Security Officer)および情報セキュリティリスク統括本部を設置。同社グループのネットワークにつながるすべての製品や設備を対象に、情報セキュリティガバナンスを進める。

情報セキュリティリスク統括本部では、最新の動向を踏まえたセキュリティ対策のPDCAを実行。得られた知見を同社の製品やシステム、サービスに反映させて顧客へ提供していく考え。

また大みか事業所内に開設したサイバー攻撃の訓練施設において、重要インフラの制御システムを手がけてきた経験やノウハウ、IT技術を活用し、社内外の情報セキュリティ人材の育成にも取り組むとしている。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

日立IAのeラーニングサービスに不正アクセス - コインマイナー埋込
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
【特別企画】セキュリティクイズ 標的型攻撃なのに「ばらまき型」? 警察庁の定義とは
セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
日立とトレンド、セキュリティ人材育成で協業 - サイバー攻撃対応研修を提供