Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置

日立製作所は、10月1日より情報セキュリティ体制を強化した。CISOが管掌する情報セキュリティリスク統括本部をあらたに設置した。

同社グループ全体の情報セキュリティガバナンスを一括して推進するため、CEO直轄のCISO(Chief Information Security Officer)および情報セキュリティリスク統括本部を設置。同社グループのネットワークにつながるすべての製品や設備を対象に、情報セキュリティガバナンスを進める。

情報セキュリティリスク統括本部では、最新の動向を踏まえたセキュリティ対策のPDCAを実行。得られた知見を同社の製品やシステム、サービスに反映させて顧客へ提供していく考え。

また大みか事業所内に開設したサイバー攻撃の訓練施設において、重要インフラの制御システムを手がけてきた経験やノウハウ、IT技術を活用し、社内外の情報セキュリティ人材の育成にも取り組むとしている。

(Security NEXT - 2017/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新規物件情報メールを誤送信 - 神奈川の不動産会社
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
ファイア・アイ、中小企業向けに運用保守まで含めたパッケージ
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
「サイバーセキュリティに関する総務大臣奨励賞」の公募が開始
日立とNEDO、多層的な監査で異常検知する新技術 - 制御システム向けに提供
全銀協、ブロックチェーン連携でパートナー4社を選出