Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立のディスクアレイ用ソフトに深刻な脆弱性 - アップデートをリリース

日立製作所は、日立ディスクアレイシステム向けに提供している「Hitachi RAID Manager SRA」に複数の脆弱性が含まれていることを明らかにした。

ログ出力メッセージに認証情報が記録され、漏洩するおそれがある脆弱性「CVE-2022-34882」や、OSコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2022-34883」が明らかとなったもの。Windows版、Docker版のいずれも影響を受ける。

同社は共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアについて、「CVE-2022-34882」を「9.0」、「CVE-2022-34883」を「7.2」と評価した。

一方、米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」による評価は、「CVE-2022-34882」が「6.5」、「CVE-2022-34883」が「8.8」とやや異なっている。

同社では、脆弱性に対処した「同02.03.02」「同02.05.01」をリリース。また既存のログにパスワードが記録されている可能性もあるとしてログの削除など対応を呼びかけている。

(Security NEXT - 2022/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Cisco、セキュリティアドバイザリ9件を公開 - 「Blast-RADIUS」の影響も
「Cisco SSM」に深刻な脆弱性 - 攻撃者によりパスワード変更可能
「Magento」「VMware vCenter」など脆弱性3件の悪用を確認 - 米当局が注意喚起
「Apache HTTPD」が今月3度目のセキュリティアップデート
SonicWallのVPN関連で複数の脆弱性 - アップデートが公開
「Apache HugeGraph」の深刻な脆弱性を狙うアクセスが増加
「Java SE」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
Ivantiがアドバイザリを公開 - エンドポイント管理製品などに脆弱性
「Apache Airflow」に脆弱性 - アップデートが公開
Cisco製メールセキュリティ製品に添付ファイルで攻撃できる深刻な脆弱性