Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を提供開始 - 日立ソ

日立ソリューションズは、「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を7月29日より提供開始する。

同社では、今回あらたにサイバーレジリエンスの支援事業に参入するもので、組織の情報資産やサプライチェーン全体を保護し、事業継続性の確保を支援するソリューションを展開する。

手はじめに、7月29日より「サイバーレジリエンス現状分析サービス」を開始。ヒアリングや「NIST SP800-160 Vol.2」を踏まえた分析など、コンサルティングサービスを提供し、人や組織、プロセス、システムの観点よりセキュリティの整備状況について可視化を支援する。

今後は、ゼロトラストセキュリティを事業継続視点で強化するなど、レジリエンス経営をサポートするソリューションを順次提供するとしており、2024年度にはサイバーレジリエンス分野において300億円の売上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2022/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

政府、クレカ会社にフィッシング対策強化を要請 - DMARC導入など
GitHubからコード署名証明書が漏洩か - Mac版プログラムに影響
「VMware vROps」にCSRFの脆弱性 - アップデートが公開
通販サイトは要警戒、偽管理画面に誘導するフィッシング - 顧客も標的に
TOKYO FM通販サイトで顧客情報流出の可能性 - 顧客に偽メール
病状など患者情報含むUSBメモリを紛失 - 兵庫県立がんセンター
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - パッチで修正
脆弱性スキャナ「Nessus」にセキュリティアップデート
サイバー攻撃で一部メール消失、詳細を調査 - 日本臓器移植ネットワーク
「サイバーセキュリティ月間」がスタート - 日米豪印による連携も