Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立製ディスクアレイシステム「Hitachi VSP」に平文PWをログ保存する脆弱性

日立製作所は、同社ディスクアレイシステムに関する脆弱性についてセキュリティアドバイザリをリリースした。

現地時間3月25日に同社米サイトでセキュリティアドバイザリを公開し、脆弱性「CVE-2022-36407」について明らかにしたもの。「Hitachi Virtual Storage Platform(VSP)」シリーズや「Hitachi Unified Storage VM」において平文のパスワードがログファイルへ保存されるおそれがあるという。

システムにログインできる場合に、ログファイルを収集され、悪用されるおそれがある。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「9.9」、重要度は「クリティカル(Critical)」とレーティングされている。

同社は脆弱性を修正したマイクロプログラムを用意しており、修正版へ置き換えるよう求めている。

(Security NEXT - 2024/03/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

従業員が退職時に顧客情報を持出、転職先で使用 - プルデンシャル生命
「PAN-OS」のアップデートが公開 - 旧版にも順次提供予定
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - 情報流出やDoS攻撃のおそれ
先週注目された記事(2024年4月7日〜2024年4月13日)
「PAN-OS」に対するゼロデイ攻撃、国内被害は未確認
「PAN-OS」を狙う「Operation MidnightEclipse」 - 3月下旬より展開
Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市