Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催

神戸デジタル・ラボは、医療系ソフトウェアから脆弱性を見つけ出すコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト神戸2017」を10月14日に開催する。

同コンテストは、医療関連情報アプリケーションを対象に、脆弱性を探し出すバグハンティングを競うイベント。今回で3回目を迎え、今回はコンシューマー向けのアプリケーションを対象に技術を競う。

クラウド上に配置した仮想マシンにサーバとウェブアプリケーションを配置。参加者はウェブアプリケーションとパソコンアプリ、スマートフォンアプリに対して解析を行う。

約8時間でもっとも深刻な脆弱性、またはもっとも多くの脆弱性を発見したチームが優勝。スコアリングはCVSSを基準に、影響や実際の攻撃シナリオなどを加味して行う。優勝賞金は30万円。

参加対象者は高校生以上で、1チーム3人。個人での参加も可能。会場は、神戸市所在の同社セミナールーム。定員は30人で、申込者多数の場合は選考となる。イベントの詳細や申し込みは、同社サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療連携ネットワークで設定ミス、一部で同意なく閲覧可能に - 香川県
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
22.8%がセキュリティ被害を届けず - 「自社内だけの被害だったから」7割
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
CMS利用のサイトが改ざん被害、外部サイトへ誘導- 医療専門学校
重要インフラ13分野の横断的サイバー演習 - 2600人が参加予定
総務省と経産省、データポータビリティに関する検討会 - 社会インフラ分野も含め議論
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
委託先医療機関で乳がん検診受診者のX線フィルムなど盗難 - 富田林市
医療用ソフトのハッキングコンテスト、脆弱性46件が明らかに