Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催

神戸デジタル・ラボは、医療系ソフトウェアから脆弱性を見つけ出すコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト神戸2017」を10月14日に開催する。

同コンテストは、医療関連情報アプリケーションを対象に、脆弱性を探し出すバグハンティングを競うイベント。今回で3回目を迎え、今回はコンシューマー向けのアプリケーションを対象に技術を競う。

クラウド上に配置した仮想マシンにサーバとウェブアプリケーションを配置。参加者はウェブアプリケーションとパソコンアプリ、スマートフォンアプリに対して解析を行う。

約8時間でもっとも深刻な脆弱性、またはもっとも多くの脆弱性を発見したチームが優勝。スコアリングはCVSSを基準に、影響や実際の攻撃シナリオなどを加味して行う。優勝賞金は30万円。

参加対象者は高校生以上で、1チーム3人。個人での参加も可能。会場は、神戸市所在の同社セミナールーム。定員は30人で、申込者多数の場合は選考となる。イベントの詳細や申し込みは、同社サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
分析機器納入業者が患者遺伝子検査データを持出 - 九大病院
制御システムのセキュリティ対策向けコンサル - GRCS
感染は「Emotet」亜種、メール経由で - 多摩北部医療センター
大阪市でシステム障害、証明書など発行できず
医療センターの問診票が運搬中に飛散 - 春日部市
米司法省、APT10所属の中国人2人を刑事訴追 - 日本含む12カ国数十社を侵害
医師を偽装した不正メールの特徴を公開、注意を喚起 - 東京都保健医療公社
医師のメールに不正アクセス、マルウェア感染原因か -多摩北部医療センター
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市