Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDL、医療分野に特化したハッキングコンテストを開催

神戸デジタル・ラボは、医療系ソフトウェアから脆弱性を見つけ出すコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト神戸2017」を10月14日に開催する。

同コンテストは、医療関連情報アプリケーションを対象に、脆弱性を探し出すバグハンティングを競うイベント。今回で3回目を迎え、今回はコンシューマー向けのアプリケーションを対象に技術を競う。

クラウド上に配置した仮想マシンにサーバとウェブアプリケーションを配置。参加者はウェブアプリケーションとパソコンアプリ、スマートフォンアプリに対して解析を行う。

約8時間でもっとも深刻な脆弱性、またはもっとも多くの脆弱性を発見したチームが優勝。スコアリングはCVSSを基準に、影響や実際の攻撃シナリオなどを加味して行う。優勝賞金は30万円。

参加対象者は高校生以上で、1チーム3人。個人での参加も可能。会場は、神戸市所在の同社セミナールーム。定員は30人で、申込者多数の場合は選考となる。イベントの詳細や申し込みは、同社サイトを参照のこと。

(Security NEXT - 2017/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

医療機関のインシデント対応強化を自治体に要請 - 厚労省
複数無線LAN製品に脆弱性「BLEEDINGBIT」 - TI製BLEチップに起因、医療機器にも影響か
IPA、最新動向や国内外事例など収録した「AI白書2019」
IoTクラウドサービスの安全性に関する情報開示指針を策定 - 総務省
J-CSIP、3Qに標的型攻撃情報39件を共有 - 8月上旬に「iqyファイル」大量ばらまきも
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大