Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携

日立製作所は、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対策の訓練サービスを8月30日より提供開始する。

20170829_hi_001.jpg
あらたに開設した訓練、検証施設(画像:日立)

同社では手はじめに、電力事業者へサービスを提供。模擬的なシステム環境を構築し、システムの監視や指揮命令を行う関連部門の訓練を目的としたプログラムを用意。

攻撃に備えた運用手順の検証やセキュリティ製品の評価サービスを展開する。

同社はサービスの展開にあたり、訓練や検証を行うための施設を茨城県日立市内に開設しており、同施設を活用するという。今後は、他重要インフラ分野への対応を含め、サービスを強化していく。

またイスラエル電力公社(IEC)のジョイントベンチャーであるCyberGymと演習関連サービスやソフトウェアの日本国内における販売契約を締結しており、2018年を目途に同社ノウハウを活用したサービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
NISC、Twitterのパスワード変更を府省庁へ注意喚起 - 所管業界への周知求める
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など
政府、重要インフラの安全基準に関する指針改訂でパブコメ実施
JASA、ISMS運用組織向けにガイドライン - 初期被害対処など盛り込む