Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日立、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対応の訓練サービス - イスラエルCyberGymと提携

日立製作所は、重要インフラ事業者向けにサイバー攻撃対策の訓練サービスを8月30日より提供開始する。

20170829_hi_001.jpg
あらたに開設した訓練、検証施設(画像:日立)

同社では手はじめに、電力事業者へサービスを提供。模擬的なシステム環境を構築し、システムの監視や指揮命令を行う関連部門の訓練を目的としたプログラムを用意。

攻撃に備えた運用手順の検証やセキュリティ製品の評価サービスを展開する。

同社はサービスの展開にあたり、訓練や検証を行うための施設を茨城県日立市内に開設しており、同施設を活用するという。今後は、他重要インフラ分野への対応を含め、サービスを強化していく。

またイスラエル電力公社(IEC)のジョイントベンチャーであるCyberGymと演習関連サービスやソフトウェアの日本国内における販売契約を締結しており、2018年を目途に同社ノウハウを活用したサービスを提供する予定。

(Security NEXT - 2017/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、制御システムの保護に向けた戦略を発表
2020年度「CYDER」の受講申込が受付開始 - NICT
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
Accenture、重要インフラセキュリティのRevolutionary Securityを買収
重要インフラ事業者向けに在宅端末の無償リスク評価サービス
経済制裁下でサイバー攻撃への依存高める北朝鮮 - 米政府が対策呼びかけ
官民連携のサイバーセキュリティ協議会、構成員を募集
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
NECとシスコ、重要インフラ向け機器に真正性のチェック機能
防衛装備関連情報が流出か - 三菱電の再精査で判明