Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視

セキュアブレインは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを10月より開始する。

同社において、攻撃を監視するSOCを設置し、監視サービスを提供するもの。手はじめに、従来より同社が販売しているシスコシステムズのエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション「Cisco AMP for Endpoints」を利用した監視サービスを展開する。

サービスメニューとして「Basic」「Standard」「Advanced」の3段階を用意。アラートの監視から分析、検知したマルウェアの解析などへ対応するほか、オプションサービスも用意する。

年間の料金は「Basicサービス」で38万8800円から。別途「Cisco AMP for Endpoints」のライセンス契約が必要となる。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政府、自治体のセキュ対策見直し - 効率化やテレワークなど視野に
Symantecセキュサービス部門の買収を完了 - Accenture
Accenture、BroadcomからSymantecのセキュリティサービス事業を買収
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
経産省、セキュアなIoT接続環境に向けたフレームワーク案 - 国内外から意見募集
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
国内SIEM市場が堅調に推移 - 2019年度は3割増見込む
【追記あり】JSSEC、「セキュリティフォーラム2020」を3月に開催
JSSECら、新型コロナ対応で3月開催イベントを自粛
デンソーとNTTコム、コネクテッドカーの脅威検知解析で技術検証