Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視

セキュアブレインは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを10月より開始する。

同社において、攻撃を監視するSOCを設置し、監視サービスを提供するもの。手はじめに、従来より同社が販売しているシスコシステムズのエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション「Cisco AMP for Endpoints」を利用した監視サービスを展開する。

サービスメニューとして「Basic」「Standard」「Advanced」の3段階を用意。アラートの監視から分析、検知したマルウェアの解析などへ対応するほか、オプションサービスも用意する。

年間の料金は「Basicサービス」で38万8800円から。別途「Cisco AMP for Endpoints」のライセンス契約が必要となる。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「OpenSSL」の「ChaCha20-Poly1305」実装に脆弱性
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
「Windows Defender ATP」と「SOC」を連携させたMSS - NTTコム
Marvell製チップに脆弱性 - Wi-Fi経由でコード実行や盗聴のおそれ
EDRを機能強化、マネージドサービス「MEDR」も - シマンテック
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割