Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視

セキュアブレインは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを10月より開始する。

同社において、攻撃を監視するSOCを設置し、監視サービスを提供するもの。手はじめに、従来より同社が販売しているシスコシステムズのエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション「Cisco AMP for Endpoints」を利用した監視サービスを展開する。

サービスメニューとして「Basic」「Standard」「Advanced」の3段階を用意。アラートの監視から分析、検知したマルウェアの解析などへ対応するほか、オプションサービスも用意する。

年間の料金は「Basicサービス」で38万8800円から。別途「Cisco AMP for Endpoints」のライセンス契約が必要となる。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス
「Apache Struts 2」の公開済み脆弱性、ラックでは攻撃未確認
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
PFU、サイバー攻撃の過程を可視化する「iNetSec MP 2040」
インシデントと向き合うSOC、快適な労働環境作りに注力するベンダー
NTT-ATとdit、サイバーセキュリティ分野で協業
「Apache Struts 2」関連のインシデント検知が増加 - ラック
「WordPress」向けBestWebSoft製プラグイン51種にXSSの脆弱性
2016年下半期はメール経由の攻撃が2.5倍 - 9割超が「Locky」感染目的