Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュアブレイン、SOCサービスへ参入 - エンドポイントを監視

セキュアブレインは、セキュリティオペレーションセンター(SOC)による監視サービスを10月より開始する。

同社において、攻撃を監視するSOCを設置し、監視サービスを提供するもの。手はじめに、従来より同社が販売しているシスコシステムズのエンドポイント向けマルウェア対策ソリューション「Cisco AMP for Endpoints」を利用した監視サービスを展開する。

サービスメニューとして「Basic」「Standard」「Advanced」の3段階を用意。アラートの監視から分析、検知したマルウェアの解析などへ対応するほか、オプションサービスも用意する。

年間の料金は「Basicサービス」で38万8800円から。別途「Cisco AMP for Endpoints」のライセンス契約が必要となる。

(Security NEXT - 2017/08/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ラック、EDR向けMSSを展開 - 手はじめに「Windows ATP」
Cisco UCMなどのアップグレード機能に深刻な脆弱性
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
マカフィーとラック、AWS利用者向けIPS提供で協業
日立システムズ、「SHIELD統合SOC」を開設
ISOG-J、効果的なセキュリティ情報共有のポイントを整理した資料公開
不正送金マルウェア「Ursnif」、日本を集中攻撃 - 金融機関以外も標的に
SOCやCSIRTなど「セキュリティ対応組織」向け教科書に第2版
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
パーソルP&T、「Office365」など対象としたSOCサービス