Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT医療機器向けのセキュリティ対策サービス - デロイトトーマツRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、ネットワーク機能を備える医療機器の利用組織を対象としたセキュリティ対策サービスを提供開始した。

同サービスは、医療機器のサイバーリスク対策に関する米食品医薬品局(FDA)が定めた規制への対応や、製品におけるセキュリティ対策、組織におけるフレームワークの構築など、各種サービスを提供するもの。

具体的には、医療機器セキュリティプログラムの成熟度評価やリスクアセスメント、ツールと手動による脆弱性のテスト、セキュリティガバナンスの整備、脅威の自動検知化などを提供する。

同社では、医療機器メーカー、医療機関、医療提供団体におけるサイバーセキュリティ体制の成熟度にあわせたサービスを展開。体制の強化を支援していく。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
業務用の携帯電話を移動中に紛失 - 在宅医療コンサル会社
患者情報含むUSBメモリを医局で紛失 - 南奈良総合医療センター
4社に1社、パッチ適用頻度は数カ月に1度
政府、医療情報システムの安全管理GL案を策定 - 意見を募集
在宅医療機器関連の個人情報、発送後所在不明に - フィリップス
2019年4Qの標的型攻撃メールは47件 - 情報提供の7割が「Emotet」
「個人データを情報銀行へ預けてもよい」55% - 情報漏洩や悪用に懸念も
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
「Emotet」感染、なりすましメールに注意喚起 - 群馬中央病院