Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT医療機器向けのセキュリティ対策サービス - デロイトトーマツRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、ネットワーク機能を備える医療機器の利用組織を対象としたセキュリティ対策サービスを提供開始した。

同サービスは、医療機器のサイバーリスク対策に関する米食品医薬品局(FDA)が定めた規制への対応や、製品におけるセキュリティ対策、組織におけるフレームワークの構築など、各種サービスを提供するもの。

具体的には、医療機器セキュリティプログラムの成熟度評価やリスクアセスメント、ツールと手動による脆弱性のテスト、セキュリティガバナンスの整備、脅威の自動検知化などを提供する。

同社では、医療機器メーカー、医療機関、医療提供団体におけるサイバーセキュリティ体制の成熟度にあわせたサービスを展開。体制の強化を支援していく。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報関連の事務処理ミス19件を公表 - 大阪市
個人情報含む書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 大阪府
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
IoT機器で広く採用されている「Treck TCP/IP Stack」に深刻な脆弱性
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
委託先でメール送信ミス、医療機関や薬局のメアド流出 - 大阪府
ブラウザの実行環境を分離するソリューション - NEC
薬局ファックス番号を誤掲載、処方箋の誤送信が発生 - 大阪府