Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT医療機器向けのセキュリティ対策サービス - デロイトトーマツRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、ネットワーク機能を備える医療機器の利用組織を対象としたセキュリティ対策サービスを提供開始した。

同サービスは、医療機器のサイバーリスク対策に関する米食品医薬品局(FDA)が定めた規制への対応や、製品におけるセキュリティ対策、組織におけるフレームワークの構築など、各種サービスを提供するもの。

具体的には、医療機器セキュリティプログラムの成熟度評価やリスクアセスメント、ツールと手動による脆弱性のテスト、セキュリティガバナンスの整備、脅威の自動検知化などを提供する。

同社では、医療機器メーカー、医療機関、医療提供団体におけるサイバーセキュリティ体制の成熟度にあわせたサービスを展開。体制の強化を支援していく。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
保険料の一部通知書が所在不明、郵便局の連絡で判明 - 島本町
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
JSSEC、IoT導入企業向けのセキュリティチェックシートを公開
GE Healthcareの複数医療機器に認証回避のおそれ - 米機関が注意喚起
市健診サイトに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 尼崎市
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に