Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT医療機器向けのセキュリティ対策サービス - デロイトトーマツRS

デロイトトーマツリスクサービス(DTRS)は、ネットワーク機能を備える医療機器の利用組織を対象としたセキュリティ対策サービスを提供開始した。

同サービスは、医療機器のサイバーリスク対策に関する米食品医薬品局(FDA)が定めた規制への対応や、製品におけるセキュリティ対策、組織におけるフレームワークの構築など、各種サービスを提供するもの。

具体的には、医療機器セキュリティプログラムの成熟度評価やリスクアセスメント、ツールと手動による脆弱性のテスト、セキュリティガバナンスの整備、脅威の自動検知化などを提供する。

同社では、医療機器メーカー、医療機関、医療提供団体におけるサイバーセキュリティ体制の成熟度にあわせたサービスを展開。体制の強化を支援していく。

(Security NEXT - 2017/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
個人情報含む書類の紛失や不適切処理で職員を処分 - 三重県
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
退職医師が患者の個人情報を不正に持ち出し - 東京女子医科大
ブロックチェーンの社会実装に必要な技術や法的課題を整理 - 経産省
誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 順天堂大
職員が個人情報を持ち帰り紛失、決裁文書放置で未処理も - 三重県
人工呼吸器管理用タブレットが所在不明 - 岸和田市民病院
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ