Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2017年版」が公開 - 「ITSS+」と連携強化

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ」の2017年版を公開した。

同資料は、セキュリティの関連業務に携わる人材が身につけるべき知識、スキルを体系的に整理したスキルマップ。経済産業省の委託事業として作成、公開している。

脅威や技術の変化に対応するため、約7年ぶりの改訂となった2016年版に続き改訂されたもので、「ITSS+」との連携を強化した。

「SecBoK」では、情報セキュリティ人材において16種類の役割を抽出しているが、2017年版では、セキュリティ領域において設計や開発、運用、保守、セキュリティ監査など13の専門分野を具体化している「ITSS+」との関係を明確化している。

(Security NEXT - 2017/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Carbon Black、日本国内にクラウド運用基盤 - アジア太平洋地域も視野に
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
シスコ、大学など5校にセキュリティ人材育成プログラムを提供
国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
産官学連携する関西サイバーセキュリティネットワークが発足
精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞