Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2016年版」を公開

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2016年版」を公開した。

同資料は、セキュリティ業務に携わる人材が身につけるべき知識、スキルを体系的に整理したスキルマップ。2009年以来の更新で、セキュリティ脅威や技術の変化に対応。情報セキュリティ人材として16種類の役割を抽出し、役割ごとに必要となる知識項目を整理した。

具体的には、ベンダー企業向けだった従来のスキルマップから、ユーザー企業も追加。世界基準に対応。必要な知識やスキル、能力については、米国国立標準技術研究所(NIST)が作成している「NICE Cybersecurity Workforce Framework」に準拠するよう項目を設けている。

またユーザー企業における人材については、日本シーサート協議会の「CSIRT 人材の定義と確保 Ver.1.0」と補足資料にて定義されているCSIRTに求められる役割を参考とした。

(Security NEXT - 2016/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

地方でより深刻なセキュリティ人材不足 - 育成方策でパブコメ
「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
若年層向け人材育成プログラム「SecHack365 2019」が始動 - 参加者募集を開始
人材スキルマップ「SecBoK」が改定 - タスクやロールにもフォーカス
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%
育成プログラム「SecHack365」の成果発表会を都内で開催 - NICT
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大