Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JNSA、「セキュリティ知識分野人材スキルマップ2016年版」を公開

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、「セキュリティ知識分野(SecBoK)人材スキルマップ2016年版」を公開した。

同資料は、セキュリティ業務に携わる人材が身につけるべき知識、スキルを体系的に整理したスキルマップ。2009年以来の更新で、セキュリティ脅威や技術の変化に対応。情報セキュリティ人材として16種類の役割を抽出し、役割ごとに必要となる知識項目を整理した。

具体的には、ベンダー企業向けだった従来のスキルマップから、ユーザー企業も追加。世界基準に対応。必要な知識やスキル、能力については、米国国立標準技術研究所(NIST)が作成している「NICE Cybersecurity Workforce Framework」に準拠するよう項目を設けている。

またユーザー企業における人材については、日本シーサート協議会の「CSIRT 人材の定義と確保 Ver.1.0」と補足資料にて定義されているCSIRTに求められる役割を参考とした。

(Security NEXT - 2016/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

精鋭ハッカー部隊「レッドチーム」で堅牢性向上図るMS - 秘密の舞台裏に迫る
CompTIA、セキュリティエンジニアを目指す学生の支援を強化
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
総務大臣賞が発表、迷惑メール対策推進協議会や神山氏ら受賞
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
深刻化するセキュリティ人材不足、金脈はゲーマーにあり?
注目集まる「CTF競技」 - 磨かれる「問題解決能力」