Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓NetSarang製サーバ管理ツールのアップデートにバックドア - 「PlugX」との類似点も

韓NetSarang Computerが提供するサーバ管理ツールのアップデートが改ざんされ、バックドア機能を持つマルウェア「ShadowPad」が仕込まれていたことがわかった。

20170818_ns_001.jpg
NetSarangによるアナウンス

7月に金融機関から依頼を受けたKaspersky Labが、不審なDNSリクエストについて調査を行ったところ発見したもの。

リクエストの送信元がNetSarangのサーバ管理ソフトであり、NetSarangの正規アップデートが改ざんされ、マルウェアによってリクエストが実行されていることを突き止めたという。

改ざんされたアップデートがインストールされると、複数のドメインに対して8時間に1回、感染コンピュータのユーザー名やドメイン名、ホスト名などを送信するようになっていた。

(Security NEXT - 2017/08/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
Oracle、Java SEに関する脆弱性22件を修正
Oracle、定例アップデートで252件の脆弱性に対応 - 半数弱が「緊急」または「重要」
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
「Flash Player」へのゼロデイ攻撃、「BlackOasis」が関与か - 「FinFisher」感染狙い
ハンモックのIT管理製品「AssetView」に複数の脆弱性
「MQX RTOS」にRCEなど複数の脆弱性
ランサムウェアを6割が認知するも、4割強はバックアップ未実施
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正