Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware ESXi」に深刻な脆弱性 - ホスト上でコード実行のおそれ
アナリスト向けカンファレンス「JSAC 2019」の参加登録がスタート
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
「Docker」設定ミス狙う攻撃に注意 - マルウェア感染のおそれ
Dell製ネットワーク管理製品に複数の脆弱性 - 10月のアップデートで修正済み
攻撃シナリオを自動生成、仮想環境の模擬実験でリスク診断する技術 - NEC
セキュリティ担当者の苦労や悩みを調査 - 気になる処遇も
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
広告関連のPUAやマルウェアで検出全体の7割弱 - ESET