Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5製「BIG-IP」、構成によっては侵害のおそれ - 利用企業は早急に確認を
【特別企画】内部に潜伏する未知の脅威への対策 - ある通信キャリアが打った「先手」とは?
盆休みと重なるパッチチューズデー - 夏期休暇対策の徹底を
トレンドのDDIに攻撃コマンドバイパスのおそれ - すでに修正済み
キヤノン製デジカメに複数脆弱性 - コード実行のおそれも
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション
Wind Riverが提供するRTOSに複数の脆弱性
家庭用IoT機器の7%が「telnet」や「FTP」など使用 - ルータは15%
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
セキュリティ製品の「VPN」機能に相次いで脆弱性