Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ReadyNAS Surveillance」の脆弱性に対する攻撃 - 継続的に観測
無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
WindowsのDNS処理にMITM攻撃でコード実行される脆弱性 - 月例パッチで修正
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
動作記録とアラートから脅威を判断、対応支援するイスラエル製「SECDO」 - 丸紅ITSが発売
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
目立つ「HeartBleed」関連インシデント - ラック報告
不正サイトのブラックリスト配信サービス - NTTコム
「macOS High Sierra 10.13」が登場 - 脆弱性43件を解消