Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売

ディアイティは、ネットワークの状況をリアルタイムで可視化する新技術を搭載したネットワーク管理ソリューション「Omnipliance Ultraシリーズ」とスタンドアロン型の「Savvius Spotlightアプライアンス」を、10月1日より提供開始する。

これら製品では、米Savviusの技術「Savvius Spotlight」を搭載。ネットワークのトランザクションを集約、解析することで、遅延、ネットワーク品質、利用状況、飽和状況の4要素から、ネットワークパフォーマンスの低下をリアルタイムに検知することができる。

「Omnipliance Ultraシリーズ」では、同技術をパケットキャプチャ、レコード機能を持つ「Omnipliance」を一体化した。必要に応じて問題となっているパケットの詳細情報まで解析できる。またSavvius Spotlightアプライアンスは、従来のOmniplianceシリーズと組みあわせることで、同様の機能を利用できる。

(Security NEXT - 2017/08/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ分野のキャリアパスグランドデザインで資料 - JNSA
制御システムへの攻撃監視からインシデント対応まで支援 - 日立
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
【特別企画】上半期登場の新手DDoS攻撃を名和氏が分析 - 状況認識のための可視化の重要性を解説
2019年上半期の標的型攻撃は2687件 - 圧縮ファイル悪用が急増
ランサム身代金、FBIは支払いに否定的ながらも一定の理解
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
「FONルータ」がDDoS攻撃に悪用されるおそれ - 修正更新を実施
図書館からボランティアへのメールで誤送信 - 鎌倉市
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用