Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウェブサイトの安全運用、必要な「点検」やその「頻度」は?

JPCERTコーディネーションセンターは、ウェブサイトの運営にあたり、定期的に点検を実施するよう対策を呼びかけている。

ウェブサイトがサイバー攻撃を受けるケースが頻繁に発生していることから、同センターでは、脆弱性対策をはじめ、点検項目や頻度について説明し、対策を呼びかけたもの。

もっとも頻繁に点検する必要があるとされているのが、ウェブサーバ上に保存されたファイル。改ざん被害に遭ったり、不正なファイルが作成されていないかなど、1週間に1度程度をめどに確認するよう求めている。

次にウェブサーバを運用するためのシステムについて、プラグインやウェブサイトの管理に利用するパソコンも含め、最新バージョンにアップデートされているか、数週間から1カ月に1度程度の割合で点検するよう推奨。

またウェブアプリケーションの脆弱性や不備などを調べるセキュリティ診断、保守で利用するIDやパスワードの確認、DDoS攻撃への対策など、1年に1回を目安として挙げているが、ウェブ脆弱性診断に関しては、ウェブへ機能を追加した場合なども、実施するよう求めている。

(Security NEXT - 2017/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

次期「サイバーセキュリティ月間」の関連行事が募集開始
IPA、組織向けセキュリティ自己診断ツールに最新版 - データ拡充、統計資料も
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab
常時SSL/TLS採用の国内企業サイトは約2割 - 大学と銀行で半数強
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年度上半期の個人情報事故報告は596件 - 特定個人情報は157件
IoTセキュリティにおけるブロックチェーン活用で解説資料 - CSAジャパン
制御システムリスク分析ガイドが改訂 - 工数削減や解説拡充を実施