Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結

ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、ミラクル・リナックスは、IoT機器のライフサイクル全体の安全性を強化する統合管理基盤の提供で、米Rambusと基本合意を締結した。

20170731_sb_001.jpg
開発を目指す「IoT機器の統合管理基盤」(画像:ソフトバンク・テクノロジー)

今回の合意は、製造から出荷後までIoT機器のライフサイクル全体における安全性の担保に向けて、プラットフォームの開発を目指すもの。クラウドやOS、認証、IoT機器管理など、4社の技術を組みあわせて開発し、IoT機器メーカーに対して展開していきたい考え。

同プラットフォームでは、製造段階で電子認証情報を格納するほか、電子認証によるIoT機器の管理、OSやソフトウェアのセキュアな更新などにより、機器の乗っ取りやデータの窃取など、IoT機器が直面するリスクを低減するとしている。

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2017年度の国内セキュリティサービス市場は2749億円 - 前年度比13.8%増
脆弱なウェブサーバ狙う「Mirai」らしきアクセス急増 - 国内でも感染拡大か
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
富士通研、IoTデバイス間の攻撃を遮断する新技術
IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ
産業分野のサイバーセキュリティで日独連携 - 検討成果が明らかに