Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SBTら3社、IoT機器の統合管理基盤開発で米Rambusと合意締結

ソフトバンク・テクノロジーとサイバートラスト、ミラクル・リナックスは、IoT機器のライフサイクル全体の安全性を強化する統合管理基盤の提供で、米Rambusと基本合意を締結した。

20170731_sb_001.jpg
開発を目指す「IoT機器の統合管理基盤」(画像:ソフトバンク・テクノロジー)

今回の合意は、製造から出荷後までIoT機器のライフサイクル全体における安全性の担保に向けて、プラットフォームの開発を目指すもの。クラウドやOS、認証、IoT機器管理など、4社の技術を組みあわせて開発し、IoT機器メーカーに対して展開していきたい考え。

同プラットフォームでは、製造段階で電子認証情報を格納するほか、電子認証によるIoT機器の管理、OSやソフトウェアのセキュアな更新などにより、機器の乗っ取りやデータの窃取など、IoT機器が直面するリスクを低減するとしている。

(Security NEXT - 2017/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoTセキュリティ対策の進捗状況と今後の課題を取りまとめ - 総務省
サプライチェーンリスク診断など8サービスをリリース - ソリトン
公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
サプライチェーンのセキュリティでシンポジウム - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
無線化が進む製造現場向けのセキュリティ導入ガイド - NICT
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー