Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペ、2016年度は258万台からランサム検知 - 暗号化型が1.6倍

Kaspersky Labは、2016年度におけるランサムウェアの検知状況について取りまとめた。検知したランサムウェアにおいて、暗号化型の割合は増加しているという。

同社製品から収集した脅威情報をもとに、ランサムウェアの検知状況について取りまとめたもの。2016年度は258万1026台の端末でランサムウェアを検知。前年度の231万5931台から11.4%増加している。

検知したランサムウェアのうち、データを暗号化して復号キーと引き替えに金銭を要求する「暗号化型」のランサムウェアが占める割合は44.6%で、前年度から13.6ポイント上昇。暗号化型ランサムウェアの検知台数を見ると115万2299台で、前年度の71万8536台から1.6倍へと拡大した。

一方、Android端末を対象としたランサムウェアの検知台数は13万232台で、前年度の13万532台から4.6%減少した。

検知したマルウェアに占めるランサムウェアの割合が高かった国は「トルコ(7.9%)」「ベトナム(7.5%)」「インド(7.1%)」などで、日本も6%で6番目に割合が高かったという。

マルウェア検出においてランサムウェアの割合が高い上位10カ国は以下のとおり。

1位:トルコ
2位:ベトナム
3位:インド
4位:イタリア
5位:バングラデシュ
6位:日本
7位:イラン
8位:スペイン
9位:アルジェリア
10位:中国

(Security NEXT - 2017/07/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
ペアリング不要、近隣端末を「Bluetooth」乗っ取れる「BlueBorne」 - 53億台に影響か
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
既知のOffice脆弱性「CVE-2017-0199」を狙う攻撃が増加
2017年2Qは脆弱性への攻撃が増加 - エクスプロイト公開が影響
独自ランサム生成できるAndroidアプリ - 専門知識不要
「脅し」だけでなく「窃盗」でも仮想通貨を狙う「ランサムウェア」
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
日本シーサート協議会の初イベント、新旧の交流の場に - テーマは「絆」